MENU

トータルコーディネートともなると、難解なパズルを組み合わせると考えていませんか?

40代の全身トータルコーデメンズファッション

 

休日にコーデを考える時に、何にポイントを置いて考えますか。

 

トータルコーディネートともなると、着数も増えてパズルを組み立てるように難解に感じる男性も多いのではないでしょうか。

 

頭が混乱した時には、今日のコーデで何にポイントを置くべきかを考えて、一つ一つコーデを組み立てていきましょう。

 

シーン別に考える

かっちりシーン

40代の全身トータルコーデメンズファッション

40代の全身トータルコーデメンズファッション

 

会社の人と休日に合わなくてはいけない状況の時に、ちょっとだけいい格好をしなくてはいけない!なんてことありませんか。

 

こんな時は、普段の通勤スタイルのスーツよりもちょっとだけ着崩した感をコーデに出してみましょう(相手にもよりますが)。

 

まずは、アウターですが、ジャケットはマストアイテムです。

 

テラードジャケットかイタリアンカラージャケットですが、テラードジャケットの方がフォーマル感は強いです。

 

夏らしくグレーが明るい印象でおススメです。これに、着崩した感があるカットソーにしましょう。

 

襟シャツの方がかっちり感が強いのですが、グレーで夏らしい印象なので、カットソーで首元を開けるのも夏らしさをより強調できます。

 

ボトムスのチョイスでは、黒かブルー系のデニムが相性がいいですね。

 

デニムはカジュアルなの相手を選びますので、ご注意ください。

 

 

カジュアルシーン

40代の全身トータルコーデメンズファッション

40代の全身トータルコーデメンズファッション

 

40代のカジュアルコーデは「頑張りすぎない」という感じを強調するのがいいです。

 

さりげなくオシャレ路線を目指しましょう。

 

着数を増やすよりも、シンプルコーデがおススメです。ポロシャツはどうでしょう。

 

「ポロシャツ」というアイテムを決めたので、ディテールを決めましょう。

 

ポロシャツはレイヤードスタイルになっているものもありますが、襟付きアイテムなので、40代では無地の方がおススメです。

 

シンプルコーデは、ラフな印象になりすぎるという欠点がありますが、カラーのチョイスで「爽やかさ」を強調するようにしましょう。

 

おススメコーデでご紹介したロイヤルブルーはインパクトがあって、かっこいいですよ、「青ポロシャツ×白パン」という組み合わせが、夏の爽やかさを演出してくれます。

 

 

アイテムにポイント置いて考える

40代の全身トータルコーデメンズファッション

40代の全身トータルコーデメンズファッション

 

実は、このファッションアイテムちょっと狙ってた…というものありませんか。

 

今年の夏に買い足すべきか迷ってたけれどイマイチコーデの仕方が分からないから、ちょっと買うのをためらっている…なんて時にはマネキン買いが便利ですよ。

 

40代に入って、ファッションアイテムがあまり増えないなんて時には、コーデがマンネリ化しているかもしれません。

 

こんな時には、気になっているアイテムをマネキン買いで買ってマンネリ化をなくしましょう。

 

今夏、注目なのは、タイトなシルエットの白パンです。爽やかでクールですよね。

 

ただし、シルエットが細い分、コーデが難しそう!という購入をためらう男性も多いのではないでしょうか。

 

タイトなシルエットのボトムスの時には襟シャツを合わせましょう。

 

トップスがボリューミーでボトムスがタイトだとYラインのコーデになり、スタイリッシュに決まります。

 

ボトムスが白なので、襟シャツは、濃い色の黒やネイビーがおススメです。インナーは白以外なら何でも合いますよ。

 

 

カラーにポイントを置いて考える

40代の全身トータルコーデメンズファッション

40代の全身トータルコーデメンズファッション

 

40代の男性におススメのカラーって何でしょう。おススメは、青です。

 

青の中でもデニムによく使われるインディゴブルーがいいですよ。

 

40代の男性は、ファッションも守りに入りがちです。クローゼットの中が白や黒のモノトーンになっていませんか?

 

夏こそ、爽やかな印象の強いデニムを着ると、フレッシュな印象になりますよ。

 

デニムと聞くと、ボトムスをイメージしがちですが、目線がいきやすいトップスにデニムを持ってくると、雰囲気も一段明るくなります。

 

デニムシャツを夏は積極的に着ましょう。

 

デニムシャツは、カジュアルテイストなので、落ち着いた印象のベージュのボトムスを合わせましょう。

 

インナーは白、黒、グレーが相性がいいですね。

 

 

主役級のファッションアイテムにポイントを置いて考える

40代の全身トータルコーデメンズファッション

40代の全身トータルコーデメンズファッション

 

主役級のファッションアイテムとは、人の目に留まりやすいアイテムのことを言います。

 

柄ものやビビッドカラーのアイテムがこれに当たります。また素材がちょっと変わってたりするのも、いいですよね。

 

例えば、今回ご紹介のコーデのポロシャツのようにポロシャツといえば鹿の子素材だったりするのですが、今回ご紹介のポロシャツはミニケーブル編みだったりして、変わっています。

 

友人がこのアイテムを着ていたら「そのポロシャツおしゃれだね〜。

 

サマーニットみたいで涼しげ〜!」と私なら食いつきます。

 

40代の男性だと、カラーなどが奇抜なものよりも、さりげなくオシャレ〜くらいのニュアンスの方が気軽に着られそうです。

 

主役のアイテムが異素材のポロシャツに決まったら、他のアイテムを決めていきましょう。

 

ポロシャツなので、残るはボトムスだけですね。ボトムスは脇役なので無地のアイテムで、主役を引き立てることに徹底しましょう。

 

こうすることで、コーデにメリハリが生まれます。

 

今回のように白のミニケーブル編みのポロシャツの場合は、無地のデニム、ベージュのボトムスなら相性はいいですね。

 

 

 

まとめ

このように、何かにポイントを置いてトータルコーデを組み立てていくと、そんなに難しくありません。

 

面倒なら、ファッションサイトでマネキン買いをして、シーン別にコーデを確立していきましょう。

 

着ていくうちに、着まわし力も身について、コーデの幅を広げることができます。

 

夏は、シンプルコーデになりがちですが、コーデにメリハリをつけると、シンプルの中にもオシャレポイントが増えていくこと間違いなしです!

このページの先頭へ