マネキン買い メンズ 全身コーデ

実際に管理人が使ってみて良かったメンズにおすすめのマネキン買い(全身コーデ)出来る通販サイトをランキング形式で紹介します。女子ウケの良いメンズファッションやモテ服のコーディネート画像例が多いメンズ通販サイトが人気です。
MENU

洋服のラインにこだわる意味とは

メンズファッション

 

女性は、年代別に細かく着れる服と着れない服が別れるのに対して、男性は女性ほど年齢でNGな服というのが明白ではありません。

 

体型さえ変わらなければ、大学生くらいの服をいつまでも着ている人もいますね。

 

でもそれは洋服のラインにこだわっていないからかもしれません。

 

30代でも肥満体型でなければ、きちっとした細身のラインのものを着こなすだけで、高価な服など買わなくてもかっこよくなれます。

 

30代の細身の男性でも女性ウケする服装とはどんなものなのでしょうか。

 

@ インナー

 

秋のアウターの代表格といえばMA-1ですが、このような短めのアウターの時はインナーの丈が極端に短すぎてもバランスがおかしくなります。

 

インナーの丈は、パンツのボタンが隠れる丈のものを選びましょう。夏場に着ていた丈が短めのTシャツでは、季節感もありません。

 

30代の落ち着きを見せるためにも、丈感には注意しましょう。

 

また男性も今年はタートルが流行ですが、首にぴったりするようなタートルネックを細身体型の人が着ると、アンバランスになります。

 

オフタートルのようなすこし首回りがゆるっとしたものの方が、痩せている体型を隠すことができます。またタートルのニットを選ぶ際も、ハイゲージのもの(網目が細かい)よりもローゲージの方が大人の余裕感が合ってかっこいいですので、ローゲージは若い人の物と思わず着こなせば、大人のこなれ感のあるかっこいい大人の雰囲気になれます。

 

A ボトムス

 

スキニーが最も無難ですが、生地が薄いスキニーを男性が履くと、スパッツのようになってしまいます。

 

スキニーパンツは女性にも賛否両論あるのもこれが原因です。あまりぴちっとしすぎていると女性は引いてしまいます。

 

生地が厚め出しっかりしている物やダーク色(黒、ネイビー、カーキ)を選択すると細身のパンツが決まります。またテーパードパンツも全体的なシルエットとしては細く見えるので、30代の人でスキニーに抵抗のある人は一度試着する価値ありです。

 

B アウター(秋)

 

コートを羽織るにはまだ早い時期のアウターはブルゾン・ジャケットが主流です。

 

細身の人で肩幅のない人はテラードジャケットよりも首回りにボリュームのあるブルゾンの方がシルエットが決まります。テラードジェケットは、体のラインが出ますが、ボリュームネックブルゾンは、目線が上に行くので体のラインがあまり目立ちません。

 

30代の人のカジュアルコーデにはおススメです。

 

C アウター(冬)

 

30代になるとダッフルコートを着こなすのは難しくなります。

 

しかし、チェスターコートは20代よりも30代の方が着こなせるのではないでしょうか。

 

チェスターコートの前を開けてきて颯爽と歩けば、大人の雰囲気が漂います。

 

中が見えるのでインナーにも気を遣わなくてはなりません。

 

またPコートも30代でもまだまだ着れます。

 

素材をスウェードにしたりすると年齢に合った服装になります。

 

またダウンジャケットもいいのですが、カジュアル感があるので、素材を革にするなどすれば年齢に合ったコーデに仕上がります。

 

メンズファッション

 

 

 

このページの先頭へ