MENU

TPOに合わせて、コーデに何をポイントを置くべきかを考えてみよう

30代にオススメの夏の全身コーデ

 

全身をコーデする時に、何から始めますか。「どうしよう〜」でなんとなくいつもと同じようなコーデばかりになっていませんか。

 

こんな時には、その日のTPOに合わせて、コーデに何をポイントを置くべきかをまず考えましょう。

 

そこから、全身のトータルコーデを考えていけば、いつもと違うファッションができますよ。

 

シーン別に考える

かっちりシーン

30代にオススメの夏の全身コーデ

30代にオススメの夏の全身コーデ

 

目上の人と会うことになった!なんてシチュエーションの時に前日に慌ててしまったりすることありませんか。

 

スーツを着るほどではない時にはきれい目ファッションがいいですね。

 

目上の人はデニムかカジュアルなもの!と認識している人も多いので、避けた方がいいですね。

 

またいくら夏でも半端丈のパンツは目上の人と会う場合はNGです。

 

ベージュのフルレングスのチノパンがおススメです。アウターはテラードジャケットがいいですね。

 

ベージュのチノパンを先に決めたので、テラードジャケットの色はグレーでは合いません。黒がいいですね。

 

夏らしさを出すために、ジャケットの袖を短いものが一つあるとしっかりした男性に見られますよ。

 

 

カジュアルシーン

30代にオススメの夏の全身コーデ

30代にオススメの夏の全身コーデ

 

気の合う友達と会う時には、「キザっぽさ」はNGです。

 

ラフな中に30代の大人っぽさを出すようにしましょう。襟シャツがこの条件に合うアイテムです。

 

襟シャツからトータルコーデを考えていきましょう。30代の男性なら、黒やネイビーといった色がシックですね。

 

アウターが濃い色の時は、インナーとボトムスはライト色に決めましょう。

 

インナーは白やライトグレーを合わせます。ボトムスはベージュやインディゴブルーのデニム、白パンがいいですね。

 

フルレングスか半端丈はどちらでも相性がいいですよ。

 

 

アイテムにポイント置いて考える

30代にオススメの夏の全身コーデ

30代にオススメの夏の全身コーデ

 

例えば、街を歩いていて、カーディガンを着ている男性を見て、自分も真似をしたい!と思った時に、そのアイテムだけを買うと、どう全身コーデをしていいのか分からなくなってしまいますね。

 

クローゼットのその他のアイテムがさみしい時にはマネキン買いをしてしまうのも一つの手段です。

 

真似をしたいと思ったカーディガンの種類がY字カーディガンの場合は、襟がカーディガンにないので、インナーで襟付きアイテムをプラスすると、縦のラインが強調されて、コーデのバランスが良くなります。

 

あとは、半端丈でもフルレングスのパンツでも相性はいいですよ。

 

 

カラーにポイントを置いて考える

30代にオススメの夏の全身コーデ

30代にオススメの夏の全身コーデ

 

30代におススメのカラーってなんでしょう。夏にピッタリの爽やかカラーの白がおススメです。

 

30代は、「年相応にビシっとみせなきゃ!」という想いと、「まだまだ。若々しさも忘れまい!」という気持ちの狭間で揺れ動くものです。

 

こんな時に、きれい目に大人っぽく、かつ爽やかカラーで若々しく決まるのは、タイトなシルエットの白パンです。

 

「白パン」というアイテムが決まったら、他のアイテムを考えましょう。

 

まず、白パンのシルエットがタイトなので、トップスのラインには注意が必要です。

 

標準体型の人におススメなのは、「ボトムスがタイトな時には、トップスはボリューミーに!」が鉄則です。

 

なので、襟シャツ+カットソーがいいですよ。

 

インナーカットソーを入れることにより、襟シャツが前OPENになるので、少しボリューミーになります。

 

これできれいなYラインコーデに仕上がります。白パンが無地なので、襟シャツには柄があってもうるさくなりません。

 

主役級のファッションアイテムにポイントをおいて考える

30代にオススメの夏の全身コーデ

30代にオススメの夏の全身コーデ

 

トータルで全身コーデを考える時に、インパクトアイテムを一つ入れるようにしましょう。

 

インパクトアイテムとは、分かりやすくいえば、友達との待ち合わせの時に、その友達に「その○○いいね〜」と会った瞬間、食いついてもらうようなアイテムです。

 

目に留まりやすいアイテムを季節ごとに一つはあるといいですよ。

 

30代の男性で夏でおススメのアイテムといえば、「半袖の柄シャツ」です。シンプルなコーデが多い夏こそ、柄ものアイテムを全身のコーデの中に一つは取り入れましょう。

 

その他のアイテムは、楽です。インナーもボトムスも無地のアイテムを組み合わせるだけです。

 

全身コーデの中で主役アイテムは一つあればいいです。今回は主役は、柄シャツです。

 

その他のアイテムは、脇役アイテムなので、目立たないようにしましょう。

 

コーデは引き算の要素も大事なので、メリハリをはっきりつけることだけで、トータルコーデがぐっとオシャレなものになりますよ。

 

 

 

まとめ

何にポイントを置くかで、意外に全身コーディネートが難しくないことが分かりました。

 

ファッションはすべてのアイテムに力を入れればいいわけではありません。

 

このさじ加減こそ、トータルコーディネートでは大事なファクターになります。

 

メリハリのあるファッションをして、フレッシュさと大人っぽさの両方の良さをもつ30代の夏コーデを完成させましょう。

このページの先頭へ