MENU

周囲の人から「それは、外着なの?部屋着なの?」と見られている!?

30代になり、オシャレ面倒に思ってきていませんか。

 

平日はお仕事を頑張っている反動か休日のコーデに「楽そうなもの」ばかりを選んでしまって、気付いた時には、よれよれのTシャツにダボダボの短パンなんて恰好になっていたら大変です。

 

周囲の人から「それは、外着なの?部屋着なの?」という目で見られちゃうかもしれません。

 

こんな時にどのような点に気をつければいいのでしょうか。

 

最低限のオシャレポイントは「1アイテムだけオシャレなものをコーデに取り入れる」です。

 

具体的にはどのようなコーデがあるのでしょうか。

 

イージーパンツをチョイスする場合にはトップスでチョイかっちり感をプラスしましょう。

オシャレアイテム→ポロシャツ

30代メンズの最低限のオシャレコーデ

30代の最低限のオシャレな全身コーデ

 

イージーパンツは、腰回りや太もも周りが確かに楽ですよね。

 

しかし、男性は下着も同様の形をしているため、イージパンツのハーフパンツを外着のコーデとしてチョイスする場合には必ず、トップスに少しかっちりしたアイテムを着こなしましょう。

 

「少しかっちりって何?」…分かりやすいものですと、襟付きのアイテムですね。

 

ボタンシャツでもいいですし、ポロシャツでもいいです。

 

こうすることで「楽ちんさ」と「外着感」の両方をコーデで出すことができます。

 

代官山や渋谷もイージーパンツコーデの人は多いのですが、どこか部屋着感がないのはトップスがかなりオシャレだからです。

 

1アイテムだけでもオシャレアイテムに変えれば、雰囲気は格段によくなります。

 

カットソーコーデの時には、トップスかボトムスのどちらか一方にインパクトアイテムを取り入れましょう。

オシャレアイテム→シャーリング加工のあるクロップドパンツ

30代メンズの最低限のオシャレコーデ

30代の最低限のオシャレな全身コーデ

 

カットソーにクロップドパンツを合わせたコーデのときには、どちらか一方をインパクトのあるアイテムにするとうまくいきます。

 

今回はボトムスをインパクトアイテムに変えてみましょう。

 

シャーリング加工のあるクロップドパンツがおススメです。

 

周囲に人の目もボトムスに集まるくらいインパクトがありますね。

 

シャーリング加工があると脚長効果が期待できるので、インパクトと体系カバーの両方をゲットできます。

 

コーデの表面に凹凸感がでるので、若々しく躍動感のあるコーデになりますね。

 

トップスがカットソー一枚だけの時にボトムスにポケットのあるアイテムやシャーリング加工のあるもの、ジップアクセサリーがあるものをチョイスすると、それだけでオシャレ度がぐっと上がりますよ。

 

柄シャツを一枚プラスするだけでオシャレ度アップです!

オシャレアイテム→白と黒のチェックの柄シャツ

30代メンズの最低限のオシャレコーデ

30代の最低限のオシャレな全身コーデ

 

クローゼットを見た時に無地の服ばかりが多くなっていたりしませんか。

 

こんな時におススメなのが、襟シャツです。

 

いつものTシャツ+クロップドパンツ(フルレングスでも可)に柄シャツを一枚羽織るだけでオシャレ度が上がります。

 

柄シャツは一枚でデザイン性がばっちりなので、あれこれ組み合わせを考えなくていいですね。

 

柄シャツでよく見かけるのは、チェック柄のシャツですが、赤や黄色と鮮やかな色味が多いですね。

 

このような派手な印象が苦手で柄シャツを選ばない人も多いですよね。

 

おススメコーデでご紹介したような黒と白のチェックシャツでも十分デザイン性はありますよ。

 

チェックのマス目が大きければ、派手な印象は抑えられるので、着やすいのではないでしょうか。

 

この場合は、チェック柄で使っている色をインナーのカットソーに合わせるとコーデがうまくいきます。

 

おススメコーデの例でいくと、白と黒のチェック柄なので白か黒の無地のTシャツが相性抜群です。

 

トップスがオシャレアイテムになったので、ボトムスは、お持ちのベージュの無地のクロップドパンツで大丈夫です。

 

パンツのロールアップ部分のデザインをチョイ足しして、コーデにメリハリを与えましょう。

オシャレアイテム→ロールアップ部分が柄になっているクロップパンツ

30代メンズの最低限のオシャレコーデ

30代の最低限のオシャレな全身コーデ

 

カットソー+パンツというシンプルコーデもちょっとしたアイテムのチョイスで、オシャレポイントが高くなります。

 

例えば、無地の白のTシャツに無地のネイビーのクロップドパンツ。

 

これでは、シンプル過ぎてしまいます。

 

このクロップドパンツの裾がロールアップした時に、違う色になっていたり、柄アイテムだったりすると、それだけでオシャレになるんです。

 

おススメコーデのように、ネイビーのクロップドパンツの裾部分が違う色になっています。

 

ロールアップを部分をよく見ると、ライトブルーのストライプになっています。

 

このクロップドパンツをチョイスするだけで、トップスの白、ボトムスのネイビー、ロールアップ部分のライトブルーと色が増えました。

 

夏のコーデはシンプルになりがちで着数が少ない分、使う色が少なくなります。

 

クロップドパンツをロールアップにするだけで色味が増えるのでそんなに面倒ではないですよね。

 

このゆな意識をもつことで夏コーデがオシャレになっていきますよ。

 

ロールアップのロールアップ部分の面積は、そんなに大きくないので、派手な印象にはなりません。

 

 

基本体系は、そこまで大きく変化しなくても、アイテムを選ぶ時にちょっと工夫するだけで、オシャレ度が上がることが分かりました。

 

コーデ自体を一から勉強しなくても、洋服を購入する時の選択でオシャレ感をだすことができます。

 

例えば、白と黒の無地のTシャツを夏のメイントップスになっている人が、パンツを買う時に無地のベージュのパンツかロールアップが柄になっているアイテムの二択で悩んだ時には、後者をチョイスすると、コーデがオシャレになります。

 

ポイントの置き方だけ分かれば、コーデはそんなに難しくありません。

このページの先頭へ