MENU

清潔感のないファッションからヒントを得よう

20代では、まだまだファッションで遊びたいと年齢ですね。

 

ストリート系、アメカジ系それぞれです。

 

普段は自分のしたいファッションをしていても、次第に会社の集まりやデートなどの自分を貫くファッションよりも清潔感を気にしなくてはいけない局面に出くわすこともあります。

 

清潔感のあるファッションとは何でしょうか。

 

清潔感のないファッションから紐解きましょう。

 

清潔感のないファッションとは

 

  • キャラクターアイテム→たとえビンテージ物でも周囲が知らないと清潔感には欠けます
  • トップスとボトムスのバランスがチグハグな服
  • ビビッドカラーが多すぎるコーデ

 

ギクッとされた方もいるかもしれません。清潔感が必要な場面では具体的にどのようなファッションが好まれるのでしょうか。

 

全身のコーデを元にご紹介していきましょう。

 

キャラクターアイテムよりも、レイヤードアイテムを一枚持っている方が重宝します!

20代の清潔感のあるコーデ
⇒全身コーデの詳細はコチラ

 

20代の男性ともなると、キャラクターもののアイテムを着ている人もまだまだいますよね。

 

インナーシャツやパーカーがキャラクター。

 

普段使いにはアリですが、これがデート着となると、女子ウケはよくありません。

 

たとえそれがヴィンテージものであったとしても、男性のロマンは女子には理解しにくいものです。

 

もし「それではインナーに何を着ればいいの?」となったらレイヤードのカットソーがおススメです。

 

一枚でセットアップになっている物や縫い付けタイプを買えば、カラーバランスを気にすることなく一枚でかっこよく着られます。

 

GジャンやMA-1といったシンプルなアウターに合わせても、レイヤードのどちらかに締め色が入っていれば、コーデにメリハリをつけてくれます。

 

これなら一般ウケのする清潔感のあるコーデになります。

 

 

 

丈短アウターにはフルレングスのパンツを合わせましょう!

20代の清潔感のあるコーデ
⇒全身コーデの詳細はコチラ

 

丈短アウターにインナーのカットソーも短めで、クロップドパンツを合わせると、つんつるてんな印象になります。

 

これでは、チグハグな感じがしてコーデとしてはおかしいです。

 

MA-1やライダースジャケットなどの丈短のジャケットをアウターに選んだら、ボトムスはフルレングスにしましょう。

 

多くの人が丈短アウターのインナーアイテムに苦労しますよね。

 

もし通販サイトで丈短アウターに泡焦るインナーを買う時には、洋服の採寸表を必ず確認しましょう。

 

「着丈」や「前身頃」の所を確認して、アウターの方がインナーよりも長ければ、はみ出すことはありません。

 

一番やってはいけないのが、中途半端にはみ出ることです。

 

インナーの方が丈短ジャケットよりも1cmはみ出すと、だらしない印象になってしまいます。

 

インナーの方をはみ出したいなら、ロンTやロングのバンドシャツを着てがっつりはみ出しましょう。

 

トップスが短い時にはボトムスはフルレングスにするのが、安パイです。

 

中途半端なインナーのはみ出しは、清潔感には欠けます。

 

親切なおばさんあたりから「お兄ちゃん、はみ出てるよ」なんて言われたら、恥ずかしいですね。

 

意外に気をつけないポイントですので、この辺をしっかり確認して清潔感のある印象にコーデを仕上げましょう。

 

 

ビビッドカラーは全身コーデの中に1アイテムで十分!

20代の清潔感のあるコーデ
⇒全身コーデの詳細はコチラ

 

ビビッドカラーは、コーデの中に複数あると、派手な印象になってしまい清潔感のあるコーデにはなりません。

 

ビビッドカラーは全身のコーデの中に1アイテムだけあれば十分です。

 

春から初夏にかけておススメのビビッドカラーはロイヤルブルーです。

 

爽やかな印象が強くなりますが、色味がデニムのインディゴブルーよりも強烈なので他のアイテムの色味を絞りましょう。

 

白の無地のカットソーや無地のポロシャツでも十分です。

 

おススメコーデのようにアウターの襟シャツやインナー自体は、無地なんだけど袖や裾にラインが入っていたりすると、ちょうどいいバランスです。

 

パット目を引くようなビビッドカラーをうまく使いこなしているとオシャレ上手だなぁと感心してしまいます。

 

特にロイヤルブルーは寒色系なので、これから初夏にかけても使える便利アイテムです。

 

アンクル丈にして肌をちょい見せしても爽やかになります。

 

トップスは派手にならないように気をつけたら、もうひとつ気をつけた方がいいのが靴です。

 

ビビッドカラーのボトムスに真っ赤なスリッポンを合わせてしまうと、コーデがガシャガシャとうるさい印象になってしまいます。

 

白のキャンバス地やブラウン系のレザーのデッキシューズと合わせて、コーデを落ち着かせましょう。

 

こうすることで、落ちついた清潔感のあるコーデの完成です。

 

 

 

清潔感たっぷりコーデの王道はテラードジャケットコーデ!

20代の清潔感のあるコーデ
⇒全身コーデの詳細はコチラ

 

「20代でこれぞ清潔感満載!といったコーデを一つだけ挙げるとしたら?」と聞かれたら、おススメは黒のテラードジャケットです。

 

定番ですがテッパンのアイテムです。20代では、テラードジャケットに「敷居が高い」「コーデが難しそう」といった意見をよく聞きますが、20代こそテラードジャケットデビューにはいいタイミングです。

 

テラードジャケットは、かっちりした印象のアイテムですが、20代ではこれにTシャツでも許されます。

 

若いのでこのようなシンプルなコーデをしても爽やかになります。

 

年齢が上がってくると、同じコーデでも周囲の人から「もっとオシャレしようよ」と突っ込まれるコーデも20代では、爽やかという好印象になります。

 

なので、20代はテラードジャケットデビューには最適なのです。

 

もう少し、オシャレ感を演出したいなら、おススメコーデのようにボーダーカットソーと合わせると、もっとオシャレにかつ気取らないコーデになります。

 

ボトムスは、意外に相性のいいアイテムが多いのですが、ブルー系のデニムで十分です。

 

テラードジャケットがタイトなシルエットなので、ボトムスのラインがダボダボしたものよりも、細身のボトムスが相性がいいです。

 

ただし、あまりピチピチなスキニーを合わせると、テラードジャケットが、丈が長くないので、ボトムスの股上の窮屈感が強調されてしまいます。

 

この辺の余裕感も気にするとよりかっこよくコーデできますよ。

 

 

 

 

丈感やカラーバランスで清潔感のあるコーデになることが分かりました。

 

20代では、フレッシュさも出したいので明るめの色でキレイめラインを意識することが大切ですね。

 

自分のしたいファッションを少し抑えて、ラインを意識して、周囲の人から好まれる(うまくいけば女子ウケもゲットできちゃいますよ)ファッションを完成させましょう。

このページの先頭へ