MENU

コーデのセレクト方法を工夫するだけで脇汗が目立ちにくいファッションに

これから夏本番!汗ばむ季節がやってきました。こうなると気になるのが脇汗です。

 

電車で「あ〜かっこいい!」と思っていた男性の、つり革を持って脇から「脇汗が!!」抑えれないものとわかっていても、清潔感には欠けてしまいます。

 

そんな光景を見る人のシャツの色ってライトブルーやタイトグレーが多いんです。

 

ということは…汗の目立たないコーデもあるのでしょうか。

 

脇汗が目立たない夏のメンズファッション
→このアイテムの詳細はコチラ

 

汗脇が全く目立たない色なんてありません。

 

しかし「比較的目立たない色」はあります。

 

黒は脇汗を目立たなくしてくれるので、おススメの色です。
また白も比較的目立たない色ではありますが、通勤用の綿素材のYシャツなど、生地によっては、汗で肌が透き通ってしまいます。

 

綿は吸った汗を発散しにくいので、この状態が長くなります。

 

同じ白でもサーマル生地のように、生地の表面は凹凸があったりすると、脇汗は目立ちまん。

 

サーマルカットソーは生地がしっかりしているので一枚でもばっちり着こなせます。

 

ちなみに、脇汗が目立つ色は、ライトグレーやライトブルーといった淡い色は、汗を吸収して濃い色になり、脇汗を目立たせてしまうので、控えたほうがいいですね。

 

 

 

生地

脇汗が目立たない夏のメンズファッション
→このコーデの詳細はコチラ

 

夏によく見かける綿や麻素材は汗を吸水はしてくれますが、蒸発しにくく汗じみの原因となってしまいます。

 

おススメはポリエステルやサテン生地です。

 

ポリエステル100%の生地のシャツなら、汗を吸水しにくく、たとえ吸水してもすぐに乾くので汗じみができにくいです。

 

しかし、ずっと汗が皮膚と生地の間に留まってしまうため、イヤ〜な臭いの原因になります。

 

適当なタイミングでデオドラントシートで汗をこまめに拭く必要があります。

 

しかし、そんなにしょっちゅう個室のある場所に行けないシチュエーションの場合は困りますね。

 

また、ポリエステルの独特のゴワゴワ感がどうも苦手!という人も多いのではないでしょうか。

 

こんな時に便利なのが、綿とポリエステルの混合です。

 

先ほども言った通り、綿は吸水しやすい発散しにくい素材です。

 

これに汗を発散しやすいポリエステルが混ざると、汗を吸水し、発散しやすい生地になるのです。

 

しかも、綿は入っているので肌触りもゴワゴワ感が少なくなり、着やすさもゲットできます。

 

これを考えるとポリエステルの割合が多いアイテムをインナーにチョイスして、アウターに濃い色(黒など)のアイテムを着るのがいいですね。

 

おススメコーデ例のようにインナーにポリエステルが多く含まれているので、ここで汗を食い止めて、さらに着数を増やせば、汗が浸透する可能性を減らせます。

 

 

 

脇汗が目立たない夏のメンズファッション
→このアイテムの詳細はコチラ

 

脇汗が目立たない夏のメンズファッション
→このアイテムの詳細はコチラ

 

脇汗が目立つのは、無地のアイテムです。

 

まさに、脇にパンダの目のように汗じみが目立ってしまいます。

 

こんな時におススメなのは柄のアイテムです。

 

ただし、柄ものであれば何でもいいというわけではありません。

 

なるべく柄が小さくガシャガシャとうるさいくらいのデザインの方が汗は目立ちません。

 

ドット柄はドットがまばらなので、無地の部分が多く、この無地部分が脇の下にきてしまうと、汗じみは目立ってしまいます。

 

パイナップルなどのデザインが施されたシャツも同様で、無地の部分が大きければ、やはり汗じみは目立ってしまいます。

 

おススメは、チェック柄です。脇の下までチェック柄が入っているものが多いので、汗じみが目立ちません。

 

この時も、黒地のものや白地のものを選択するようにしましょう。

 

細かいものであれば、ボーダーでも脇下までボーダーがあるので大丈夫です。

 

太めのボーダーは、脇汗が染み出た場合に目立つ可能性があるので避けましょう。

 

おススメコーデのように、脇下までチェック柄が入っていれば、安心ですね。

 

また、このシャツはポリエステルも入っているので、汗の乾きがよさそうです。

 

トップスが柄なので、ボトムスは無地のベージュのクロップドパンツを合わせれば、爽やかな印象のコーデです。

 

 

 

その他にできること

脇汗が目立たない夏のメンズファッション
→このアイテムの詳細はコチラ

 

色も生地もデザインにもこだわったら、後できることは上に一枚羽織ることです。

 

カーディガンやジャケットの類を羽織れば、解決できます。

 

とはいえ、脇汗をかくほどの時期にアウターを一枚羽織るのは至難の業ですね。

 

ジレくらいだと涼しくていいのですが、脇部分が半分くらいは露出するので、脇汗を隠す効果は期待できません。

 

「半袖のパーカーならいいのでは?」残念ながらスウェット素材は、汗が目立ちやすい素材です。

 

また、一度吸収した水分を発散しにくいので、カットソーの上のパーカーを羽織っても、まさかの汗の二枚抜きになった場合に、パーカーの脇汗が目立ってしまう可能性が高いので、やめておいたほうがいいですね。

 

黒のアウター+カットソーというコーデがおススメです。おススメコーデのように5分丈のカーディガンなら着数が増えても、そこまで暑くはないでのではいでしょうか。

 

黒だと汗を目立たなくしてくれ、また、インナーの白のカットソーもボーダーなので汗を二重に目立たなくしてくれます。

 

着数増える時には、袖やボトムスの裾丈を短くするなど工夫することで、暑さを多少はしのげます。

 

脇汗が目立つよりはいいのではないでしょうか。カーディガンは風になびくので、見た目にも暑苦しくはないですよ。

 

 

 

 

コーデのセレクト方法を工夫するだけで脇汗が目立ちにくいファッションになることがわかりました。

 

脇汗は、やはり清潔感に欠けてしまいますのでこの季節は注意したいですね。

 

また、これからアイテムを買われる方は、生地にどのような素材が含まれているのかチェックしましょう。

 

ポリエステルが多く含まれていると、シワになりにくいので、アイロン要らずで便利ですよ。

 

ちょっとした気遣いで、脇汗を目立たなくして、爽やかな夏コーデを完成させましょう。

このページの先頭へ