40代 1万円 全身コーデ

春ファッションを成功させる「攻め」のコーデとは

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

 

40代に入り、コーデの方向性に迷いが生じる時ですね。攻めるべきか守りに入るべきか・・・。

 

40代こそ「攻め」の全身コーデが似合うのです。ファッションを着崩してもかっこよく決まるのが40代です。

 

実際、「攻め」のコーデとはどのようなものなのでしょう。

 

春ファッションを成功させる「攻め」の全身コーデとは、

 

  • トレンドアイテムをさりげなく使う
  • 白パンやアイスグレーといった春カラーのアイテムを多用する
  • アクセサリーやベルトをうまく使うことで、アクティブな印象をつける
  • 大人っぽいアイテムをライト色のアイテムと合わせて、大人っぽさと爽やかさの両方を取り入れる

 

です。では、インナー、アウター、ボトムスの3点を一万円台で収まる全身コーデを三点ほどご紹介します。

 

 

トレンドのシャイニー感のあるジャケットを使ったコーデ

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

 

今春はスカジャンのように、シャイニーな作りのアイテムが流行しています。

 

前面光沢のあるアイテムだと抵抗のある40台の男性も、袖部分だけ光沢のある異素材MIXのアイテムならハードルが下がるのではないでしょうか。

 

スカジャンのようにサテン生地でなくとも、レザーのような光沢なら気軽に全身コーデに取り込めます。

 

アウターが辛口なのでインナーはカジュアルダウンして抜け感を出してもいいですね。

 

ボトムスは、レザーパンツ以外なら何でも合いそうですが、デニムでレザーの辛口を少し抑えると、アクティブ感がプラスされて、若い印象になりますね。

 

オシャレにもアクティブな40代といった印象です。

 

トレンドアイテムが、印象が強いので、他のアイテムはカジュアルダウンしてもする方が、コーデがガシャガシャしません。

 

フードジャケットは、シンプルな作りで、色味がマットになりがちです。

 

ビビッドカラーの柄シャツをインナーで合わせることでアクセントになります。

 

ジャケットの裾がリブだと「ラフ過ぎて嫌!」という人は、裾方向に柄シャツをはみ出すと、色味が足されてリブが気になりません。

 

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

 

ボトムスは、インディゴやサックスブルーといった淡い色のデニムと合わせれば、春の爽やかな印象になりますし、柄シャツを合わせたことでカジュアル感が気になる方は、濃い目のネイビーと合わせると、落ち着いた印象の全身コーデになりますね。

 

 

アイスグレーのパンツをうまく取り入れたコーデ

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

 

爽やかさの代表格のカラーといえば、白パンやアイスグレーのパンツです。

 

ホワイト系のチノパンはシックな印象が強く、ホワイト系のデニムは、アクティブなイメージが強くなります。

 

この白やアイスグレーのパンツは、年代によって、雰囲気が変わります。

 

40代の方のホワイト系パンツファッションは、オシャレを楽しんでいる余裕さがコーデから受け取れます。

 

王道の白パンは、春の王道のテラードジャケットでクールに着ましょう。

 

「黒のテラードジャケット×白パンだとキメッキメッファッションになり過ぎない?」と心配の方もいるかもしれませんが、インナーをカジュアルテイストの強いアイテムにすれば、キザな印象になりません。

 

ボーダーカットソーでもアリですが、カジュアル過ぎると不安な方は、ランダムメッシュやジャガード織りのカットソーがおススメです。

 

襟シャツではなく首元のあいたカットソーというのが、テラーソをキレイに着崩していて、爽やかな印象です。

 

テラードジャケットの袖部分をロールアップできるタイプのジャケットの場合は、インナーはボトムスと色味を揃えると、オシャレ上級者ですね。

 

参考画像のように、袖の裏地が白と黒のチェックの場合は、インナーのランダムメッシュの色合いと同じなので、コーデに統一感が出ます。

 

このような、少しの面積でも、色味を揃えると全身コーデのオシャレ度が、ぐ〜んとアップしますね。

 

白パンやアイスグレーのパンツを春に穿きこなす40代の男性は、クールで大人の色気たっぷりです。

 

 

 

トレンドアイテムのGジャンも大人っぽく着こなすコーデ

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

 

今春のトレンドアイテムは、GジャンやMA-1、スカジャンです。

 

Gジャンは、カジュアルテイストが強いので、40代の人は抵抗があるかもしれませんが、インナーをダーク色にして、トップスをかっちり決めて、アイスグレーのパンツと合わせれば、大人のキレカジスタイルになります。

 

気候が暖かくなってアイスグレーのパンツをアンクル丈までロールアップして、ローカットシューズと合わせれば、アメリカ西海岸のリッチな休暇スタイルのようです。

 

40代だからこそ、大人の色気をフルに活かして、Gジャンをラグジュアリーに着こなせるのでおススメです。

 

40代の方は、フード付きアイテムには賛否両論あると思います。

 

フードがあると若い印象が強くなるので、「身長を高めに見せたい!」などの体型カバーの意図がない場合は、外した方が大人っぽいですね。

 

トップスが、ダーク色なので、今回はコーデ外ですが、少し長めのアクセサリーをつけるだけで、トップスのメリハリ感が出ます。

 

全体が青と白の王道の爽やかカラーにしやすいので、春コーデに一枚はあると活躍するアイテムです。

 

ボトムスが、デニム派の人にはおススメしませんが、トップスを白にしてカーキ、白、アイスグレー、ベージュのいずれかの色のボトムスをお持ちの方で、爽やかコーデを楽に完成させたい人には羽織るだけで決まるので、おススメのアイテムです。

 

 

気軽に羽織れるジャケットは、春の軽やかさを表現するのにピッタリ!

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

40代にオススメの1万円台の全身メンズファッションコーデ

 

ジャケットというとかっちりイメージが強いですが、カットソーの生地で作られたカットジャケットなら、肩肘張らずに気軽に羽織れるアウターです。

 

生地感が柔らかいので、肩幅などを気にせず羽織れるのが嬉しいですね。

 

また、細身の人や身長が高くない人は、MA-1のような襟のないアウターを嫌煙しがちですが、カットジャケットは襟があるので、このような体型のでも着やすいですね。

 

青系のテラードジャケットなら、爽やかなイメージと30代の大人っぽさと両方を演出するには、最適です。

 

インナーはメリハリをつけるためにライト色がおススメです。

 

気温が暖かくなってきたらマリンテイストのボーダー柄とも相性バッチリです。

 

カットジャケットは、体のラインがでるようなタイトな作りのものが多いので、ボトムスのチョイスは細身のシルエットがベストです。

 

テパード加工のあるものや、スキニーとの相性がいいですね。

 

デニムでアクティブな感じにしてもいいですし、カットジャケットのピッタリ感と合うように、綿素材のチノパンでも相性バッチリです。

 

ネイビーのジャケットに黒のチノパンでダークな印象になりやすいので、今回はコーデ外ですが、レザーのベルトを入れると切り替え効果がうまれ、のっぺりした印象になりません。

 

 

 

 

40代もトレンドアイテムを全身コーデに一点でも取り入れると、オシャレ度がぐっと上がります。

 

小物使いや色使いを工夫することで1万円台でも40代の大人の魅力と春の爽やかさの両方を全身コーデで演出してみましょう。

 

 

メンズマネキン買い通販サイトランキング

page top