着回し パーカー コーデ

着回し最強の春のパーカーコーデ術

春の着回し術パーカーコーデ

パーカーはシワになりにくく、気軽に羽織れるので、春にヘビロテするアイテムです。

 

ただ、カジュアル色が強いアイテムなので、デートに着て行くと、彼女にムッとされ兼ねません。

 

ただ、パーカーは着方さえ工夫すれば、アウターとしてもインナーとアウターの間に挟むアイテムとしても着回せるので、是非オシャレに着こなしたいところです。

 

どのように着回せばいいのでしょうか。

 

今回はジップタイプのパーカーとボタン合わせのパーカーで着回し術を考えてみました。


@おすすめメンズパーカー 「Wジップタイプのグレーのジャガードパーカー」(ジップタイプ)

 

春の着回し術パーカーコーデ

春の着回し術パーカーコーデ

ジップタイプのパーカーのいいところは、前身頃の合わせがスマートになっている点です。

 

合わせ部分はパーカーの中心部分にくるので、人の印象を大きく左右します。

 

「とにかく細めの着れ目ファッションが好き」という人におススメなのが、ジップタイプのパーカーです。

 

パーカーは生地が柔らかい分、ダボダボした印象になります。

 

これがジップタイプだとスッキリスマートな印象になります。

 

インナーとアウターにパーカーを挟むコーデをよくする人にはジップタイプの方がいいですね。

 

着数がかさばる分、どうしても着膨れしてしまいます。

 

パーカーを前OPENで着る場合も、ジップタイプの方が、スタイリッシュです。

 

今回は、パーカーのテッパンカラーのグレーで着回しを考えました。

 

 

【着回し例@】カジュアルにアウターとしてパーカーを着るなら→Wジップパーカ+赤のチェックシャツ

Wジップパーカ+赤のチェックシャツのコーデ例

春の着回し術パーカーコーデ

春の着回し術パーカーコーデ

 

パーカーコーデの最大の悩みは、パーカー自体が派手な印象ではいので、のっぺりした印象になってしまうことです。

 

これを解決すべく、色味の強い赤のチェックシャツと合わせることで、一気に華やかなコーデになります。

 

パーカーを前閉じで着て、襟元だけ柄シャツをチラ見させるだけで華やかなイメージになります。

 

気温が上がったら、柄シャツの下に白Tを着て、その上に柄シャツを前OPENに着て、パーカーも前OPENにすれば、爽やかな印象の春コーデになります。

 

グレーは相性の多い色が多いので、赤に限らず、青や緑のシャツでもいいですね。

 

グレーが単色なので、ビビッドカラーの方が、カラーバランスはよくなります。

 

柄シャツにパーカーだとカジュアル感が強いので、ボトムスはかっちりした印象の黒のチノパンがいいですね。

 

トップスがシンプルなので、ジップなどの装飾あると、オシャレ度が高くなります。

 

パーカーをアウターにするコーデの場合、ラフな印象になりがちですが、パーカー自体に模様があると、しっかり感が出ますね。

 

年齢が高くなった人でも、安っぽくならずにパーカーを着こなすには、ジャガードなどの模様の入ったパーカーがおススメです。

 

パーカーの模様と黒のチノパンでカジュル色が軽減された、パーカーコーデの完成です。

 

 

【着回し例A】Wジップパーカ+黒のテラードジャケット

Wジップパーカ+黒のテラードジャケットのコーデ例

春の着回し術パーカーコーデ

春の着回し術パーカーコーデ

 

かっちりファッションの代表格のテラードジャケットスタイルも、OFFの日コーデにパーカを挟めば一気にキレカジスタイルになります。

 

一見せっかくのジャガード柄がテラードジャケットに消えていそうですが、このパーカーはフード部分までジャガード柄があるのでスタイリッシュに決まります。

 

また、テラードジャケットがキレイ目のシルエットなのに、合わせたパーカがダレダレでジャケットが台無しになっている人をたまに見かけますが、このパーカーは、フード部分がスタンドするようなキレイなフォルムをキープしてくれるのでそのような心配もありません。

 

これなら、前方向からパーカーコーデを見た時に、フードの主張がちょうどいい具合になります。

 

何といっても合わせがジップタイプなので、シャープな作りをしています。

 

テラードジャケットがボタン合わせなので、パーカーは絶対ジップタイプの方がスマートな着こなしになります。

 

インナーとジャケットの間にパーカーを挟むことが多いという人のおススメのアイテムです。

 

ジャガードパーカー自体にデザインがあるので、インナーは無地TでOKです。

 

ボトムスは、デニムでもいいですが、パーカーでカジュアルダウンしているので、カーキのチノパンやカーゴパンツが相性GOODです。

 

 

【着回し例B】パーカーコーデに重厚感を出したいなら→Wジップパーカ+ダウンベスト

Wジップパーカ+ダウンベストのコーデ例

春の着回し術パーカーコーデ

春の着回し術パーカーコーデ

 

シャツにパーカーを合わせて、「少しカジュアル過ぎかな?」と思ったら、ダウンベストを一枚プラスしましょう。

 

ベストの光沢感が、パーカーコーデに重厚感を与えてくれます。

 

気温差が激しいので、単にパーカーだけでは寒すぎるという時の防寒対策にも一躍を担います。

 

このコーデは着数多いので、キレイに着こなすコツは、パーカーをいかに野暮ったくならずに着こなせるかです。

 

街でもプルオーバータイプのパーカーにベストを合わせている人を見かけます。

 

ダウンベストのボタンを頑張って留めているので、窮屈そうな印象です。

 

プルオーバーパーカーの前面にポケットがあると、一層この着膨れ状態になってしまいます。

 

こんな時は、前身頃の合わせがスマートなジップタイプのパーカーがおススメです。

 

パーカーは、着丈が大きいものが大きく、ダウンベストは逆に着丈が短いものが多いです。

 

パーカーの裾が、ダウンベストの裾よりはみ出す場合は、両者を前OPENで着た方がスタイリッシュですね。

 

インナーを白にすれば爽やかさも強調できるので、一石二鳥ではないでしょうか。トップスがラフなので、ボトムスはかっちりした印象のチノパンがいいですね。

 

ダウンベストが黒の場合は、黒のチノパンでは窮屈な印象になり兼ねないので、ベージュやカーキで軽さを出しましょう。

 

そうすれば、一気に春っぽいコーデになります。


 

Aおすすめメンズパーカー 「グレンチェック フリース ハイネック ジップパーカー」

 

春の着回し術パーカーコーデ

春の着回し術パーカーコーデ

春先のまだ少し肌寒い時期には、アウター感覚のパーカーはいかがでしょうか。

 

フリース素材を使用したややボリューム感のあるパーカーは、羽織るだけで存在感も出て、春コーデの顔になる1枚です。

 

グレーの単色ではなく、グレンチェックと言う格子状のチェック柄が入って、さりげなくオシャレ感をアップしてくれます。

 

春コーデだと春らしさも大事ですが、ちょっとボリューム感のあるものを1枚どーんと着るだけでもスッキリした印象もあります。

 

しかも普通のカットソー素材に比べると、断然軽くて温かくおすすめです。


 

Bおすすめメンズパーカー 「マウンテンパーカージャンパー」

 

春の着回し術パーカーコーデ

春の着回し術パーカーコーデ

 

スウェット素材だけではなく、スポーティーな雰囲気を併せ持ったパーカーも紹介します。

 

このマウンテンパーカーは高機能素材を使用しており、湿気調整・撥水加工・風除けを兼ね備えています。

 

また薄くてバッグにもコンパクトに収納できるので、朝晩の気温差が激しい春コーデの予備アイテムとして持ち運びしても良いかもしれません。

 

グレーやネイビーは定番だけれど、カーキと言う色も新鮮だし、春らしくて爽やかにも見えます。

 

マウンテンパーカーは、シャカシャカ素材を使いがちだけど、このパーカーは滑らかで軽いので大人っぽい雰囲気も出してくれます。


 

さいごに

パーカーはカジュアルな物だけではなく、パーカーの種類や合わせ方によっていろいろなトーンを出すことができることが分かりました。

 

自分にあった着回し方が分かれば、コーデの幅も広がって素敵な春コーデを完成させられそうですね。

 

メンズおすすめのマネキン買い(全身コーデ)通販サイトランキングを見てみる

page top